« 久しぶりの更新っ! | トップページ | カーテン/アガサ・クリスティー著 »

2009年2月22日 (日)

日暮らし(上・中・下)/ 宮部みゆき 著

 ここしばらく時代物にハマっていた私は、宮部みゆき氏の「あやし 」や「本所深川ふしぎ草紙 」「堪忍箱 」などを読みあさっていた。 

  ちまたに広く知れ渡っているのは「模倣犯」や「ブレイブストーリー」のように映画化された現代物なのだろうが、あまり手にした事はなく、“回向院の茂七”という岡っ引きのオッサンが出てくる時代小説を選択していた。 

  「日暮らし」は、そろそろ読み尽くしたかな~と思った頃に出た新刊である。 

  噺は町方役人の冴えない侍のオッサンと、絶世の美少年(くどい位に描写されている)である甥っ子(10才くらい)が、知り合いの植木職人に降り掛った殺人容疑を晴らし、事件を解決していく物語なのだが…。 

  が…である。 

  読んでみて判明したのだが、
日暮らし 」は「ぼんくら 」の続編であった! 

  植木職人と知り合った経緯もしかり、他の脇役も数人は前作の
ぼんくら 」に登場していた。 

  読み進めるうちに「○○とは、以前ある事件の時に出遭って…」などの、奥歯にものの挟まった表現が頻繁に出てくると、途中で読むのを止め「ぼんくら 」を買いに行こうか、という衝動にかられる。結局、完読したけど。

  前後はしたけど「ぼんくら」も読んでおくか、と書店に足を向けてみると、驚いた事に、これがなかなか置いてない!

  宮部氏の作品は、どの書店でも比較的平積みになっている事が多く、探し易いのだが。 

  しかも、これを読んでないと、新刊も面白さ半減というくらい大事な前作である。 

  最近では、“書店の店員さんが薦める…”などのランキング本や、帯が目につく程なのに、こんなにメジャーな作家の新刊で、伏線張りまくりの前作が無いなんて!  出版社もどうかしている。 

 とにかく、内容がどうだとか、犯人がその人じゃつまらないとか、そんな事よりも、売る側の商売下手が気になってしまった作品だった。 

  とにもかくにも、これから「日暮らし 」を読もうとしている方々、
まだ「ぼんくら 」に目を通して無いなら、こちらを先に購入するよう
おすすめしますよ。

 

日暮らし〈上〉 (講談社文庫)
日暮らし〈上〉 (講談社文庫) 宮部 みゆき

講談社 2008-11-14
売り上げランキング : 2806

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

日暮らし〈中〉 (講談社文庫) 日暮らし〈下〉 (講談社文庫) ぼんくら〈下〉 (講談社文庫) ぼんくら〈上〉 (講談社文庫)

|

« 久しぶりの更新っ! | トップページ | カーテン/アガサ・クリスティー著 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

一巻二巻となっていると読む順番が明解なのですが、ね。
日暮らしの続編も月刊誌に出ていますので完結したら出ると思います。お楽しみに

投稿: マーチ | 2009年2月22日 (日) 19時44分

◆マーチさん
 そうですか!続編があるんですか…。
それもまた、別のタイトルですかねぇ?!
個人的には「霊験お初捕り物帖」のシリーズのほうが好きなんで、宮部氏には、そちらの原稿を進めていただきたいです。

投稿: はっさく | 2009年2月27日 (金) 16時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日暮らし(上・中・下)/ 宮部みゆき 著:

» 英雄の書 上・下【宮部みゆき】 [本・月のうさぎ堂]
 それにいじめ問題や少年犯罪など現在の日本の世相を映し出す、問題にも鋭くメスをいれストーリーは展開していきます。さすが、宮部ワールド奥が深いです。 [続きを読む]

受信: 2009年3月 3日 (火) 01時11分

« 久しぶりの更新っ! | トップページ | カーテン/アガサ・クリスティー著 »