« パソコン画面が壊れたっ! | トップページ | 超図解 無料で簡単!ブログ作成
&活用ガイド / エクスメディア »

2006年9月 1日 (金)

男に大人なんていない!? /
キム・ミョンガン 著

  「えっ!そうなの?」と、本屋で思わず足を止めてしまったタイトル。

  常々、病んでいく今の日本を再生するには、男性がもう少し大人になる事だ。頑張れ日本男児!と思っていた私には身も蓋もない、 このタイトル!
男に大人なんていない!?

  著者のキム・ミョンガン氏の名前は一応見知っていた。かの漫画家槙村さとる先生と、知り合って3週間でスピード婚したという旦那さまである。
  (詳細は『人生の穴ときどき落ちても大丈夫― 槇村さとる対談集』にて)

  性人類学という分野を研究した著者の目からみた、日本男女間の問題点など、「あぁ、やっぱりそこがネックなのね」と合点がいくことが記されていた。

  イラストの内田春菊氏が、冒頭の挿し絵で「目からウロコ!でも、そーゆーのばっかしなんだよ(泣)」といっているように、じゃあどーすりゃいいのさ?!というのが正直な感想だ。

 ミョンガン氏いわく、男には「幼児」と「成人した幼児」しかいない!と、バッサリ。

 すべての哺乳類に家族というものがあり、父と母と子供のいる家族が通常、と思ったら大間違いです。
 母子家庭こそ生物の基本形なのです。
 父親などというものこそ、人類最大(?)の発明品といわれているのです。
 ごく一部の例外を除いて、哺乳類には父親など見当たらないのです。基本的には乱交であるサル社会など、乱交であるがゆえに、特定の父親などいないのです。母子家庭こそが基本にして通常形態というわけです。
 そして日本社会こそ自然界に最も近い「母子家庭」である、といわれています。
 これはいったいどういうことなのでしょうか。精神分析学者によれば、日本は「成人した男性のいない社会」(『父親とは何か― その意味とあり方』佐々木孝次:著) となっています。
 日本には「幼児」と「成人した幼児」という、2種類の男性しかいないのです。

 う~ん。男性陣には耳の痛い話だろう。
 でも、それを容認してきたのは女性でもあるわけだから、女性にもチクリとくる話である。

 欧米人は、日本男性が子供が生まれると、自分の妻を「ママ」と呼ぶので驚くそうな。
 そういえば、TVドラマで「私は“お母さん”じゃなくて、ちゃんと名前があるのよっ!キィ~ッ」と叫んでいるシーンを見かけるな…。

  これはけっして若者を指しているわけではなくて、60歳でも「成人した幼児」といっているのである。

  確かに、いるかも。私でも日常生活で目に付く、バスや電車での老夫婦。十中八九、お爺さんが座ってお婆さんが立っている。 (若い人は逆だと思うよ)
  あるいは、ファミレスでドリンクバーを取りに行くのはオバサンで、オジサンは座っているとか。

  もっと気になる(腹が立っているのは)デパートの出入口のドア!
  結構重いドアを、私がやっとの思いで開けると、平然と素通りするオッサンである。(これは青年もだな)
  「あんたが開けておけよっ」は、百歩譲るとしても“すみません”の一言ぐらい言ったらどうだ?
 そもそも、私が開けたのだから、私が一番最初に通るのでは?という考えはおかしいのだろうか。
 女性らしくないのかな…いや、母性らしくないということかも?
  今まで“すみません”を言った男性など殆ど居なかった。ましてや開けておいてくれた男性など皆無である。
  これが子供だったら、同行しているお母さんが“すみません”というのだろうけど。
  私とてお婆さんが通ろうとしていたら、譲るし開けておく。バスや電車でも席は譲っている。

  長い愚痴になったてしまったけど、すべて「成人した幼児」と置き換えれば、納得である。
  言い切るミョンガン氏も凄いけど。

 みんなPCだってアップデートするだろうに、日本は父親という発明品を、古いバージョンのまま、我慢して使用中、ということかぁ…。

 この手の本は、本当は男性が読んだほうが、中身を磨けるという気がしている。装丁が女性向けっぽいので、書店でレジに持っていきにくいんだけどね。

  以前に『結婚の条件』 (小倉千賀子:著)を書評した時も書いたかもしれないが (記事はこちらから)、この人達に共通しているのは、 大学で教えている事。
  若い世代の、現場の声を聞けるというのは、強味だ。
  政府の統計なんかより、ずっと当てになる。

  と、保育所増やすのが、なんで少子化対策になるのか、サッパリ解せない私は思う。

男に大人なんていない!?
キム・ミョンガン 内田 春菊
408650104X

人生の穴ときどき落ちても大丈夫―槇村さとる対談集
槇村 さとる
4087804178

|

« パソコン画面が壊れたっ! | トップページ | 超図解 無料で簡単!ブログ作成
&活用ガイド / エクスメディア »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

キム・ミョンガンで検索したら、こちらの記事に辿り着きました。
すんごくいいタイトルですね~~!
昨日、桜庭一樹の「私の男」読んだばかりほやほやなので、、つくづくそうだなーと感じます。
キム・ギドク監督の「サマリア」のパッケージに、「男はセックスの時、子供みたいなんだから」ってあるんですけど、それ思い出しました。言ってるのは、女子高生なんですけどね(^-^;

岡本太郎が、女は生まれた時から「女」だと書いていたんですが、「男に~」が上の句なら、こっちは下の句ですね、なんだか。

投稿: とりさん | 2008年12月22日 (月) 07時40分

◆とりさん
 男性の著者の方の本はいろんな意味で参考になりますね。
いつも最後には「じゃあ、どうしたら…」という余韻が付きまといますが。

投稿: はっさく | 2009年2月 7日 (土) 18時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男に大人なんていない!? /
キム・ミョンガン 著
:

« パソコン画面が壊れたっ! | トップページ | 超図解 無料で簡単!ブログ作成
&活用ガイド / エクスメディア »